日本は11位、ITU発表のサイバーセキュリティ対策が進んでいる国ランキング

2017年7月5日、国連機関である国際電気通信連合(以下ITU)は、世界134ヶ国の能力を調査し、サイバーセキュリティへの取り組みが進んでいる国のランキングを発表。日本は11位となった。

今回の調査(Global Cybersecurity Index)では、下記5つの要素における各国の防衛能力が検討された。

  • 技術
  • 組織
  • 能力構築
  • 連携

発表された上位10ヶ国は下記の通り。

  1. シンガポール
  2. アメリカ
  3. マレーシア
  4. オマーン
  5. エストニア
  6. モーリシャス
  7. オーストラリア
  8. グルジア、フランス
  9. カナダ
  10. ロシア

サイバーセキュリティに関しては、国際的な基準が整備されておらず、発展途上国においては継続した取り組みが不足していることも明らかとなっている。また、国家として「サイバーセキュリティ戦略」を有していない国もあり、ITUは戦略作りを強く呼びかけている。

<参照>
サイバーセキュリティ対策が進んでいる国はどこ?--国連機関が格付け/ZD Net Japan

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?