世界規模で感染が広がったランサムウェア「WannaCrypt」に便乗した偽アプリがGoogle prayで確認されました。

端末を保護するといった対策機能が謳われていますが、実際にその様な機能は搭載されておらず、広告を表示し他のアプリをインストールさせる等の仕組みになっているとのことです。

今回、確認された偽対策アプリは下記の2件で、どちらに関しても高評価のレビューが公開されているようです。

  • WannaCry Ransomware Protection
  • Anti WannaCry Virus – Android

セキュリティベンダーの分析では、上記のアプリに悪質なコードは含まれていないとのこと。しかし、この様な偽アプリは今後も公開される可能性が考えられるため、インスト―ルする際には配信元を確認するなど、注意が必要です。

<参照>
偽物のWannaCry対策アプリがGoogle Playストアに出現/McAfee Blog
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を/Security Next

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?