画像:B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイトより

2017年4月25日ぴあ株式会社は、運営を受託しているバスケットボール「Bリーグ」のチケットサイトにサイバー攻撃による不正アクセスがあり、個人情報約15万件(うち、クレジットカード情報約3万2000件)が流出した恐れがあると発表した。

事件の概要

3月17日ごろから、会員のTwitter上でクレジットカードの不正使用に関する複数の書き込みと、その後クレジットカード会社からの報告により不正使用の疑いが判明。
そのため3月25日に全てのクレジットカード決済機能を停止し、外部の専門調査会社に詳細調査を依頼。その結果、3月7~15日の期間に、当該サイトにおいて不正アクセスが確認されたという。

確認されている被害金額は630万円

ぴあ株式会社によると、流出した可能性があるのは、2016年5月16日~17年3月15日の期間中に、B.LEAGUE会員に登録した利用者の個人の住所・氏名・電話番号・生年月日・ログインID・パスワード・メールアドレスを含む個人情報15万4599件。及び、ファンクラブ会費支払いやチケット購入に利用したクレジットカード情報3万2187件。当該クレジットカード番号による不正使用の件数と金額は、4月21日時点で197件630万円。

流出したクレジットカード情報によって不正使用された金額や、クレジットカード再発行の手数料は、ぴあが補償を行うとのこと。

原因は「Apache Struts2」の脆弱性

同社によると今回の不正アクセスは、アプリケーションフレームワークの「Apache Struts2」の脆弱性を悪用していたこととしている。この脆弱性をめぐっては、以前にも東京都の都税納付サイトのクレジットカード情報が流出する事件が起きている。

関連記事:都税納付サイトへ不正アクセス、クレカ情報67万件流出の可能性

同社によると、この不正アクセスをうけ、個人情報の取得を目的とした外部からの不正なアタックに備えるため、一層のサイバーセキュリティ対策の実 装と強化を、4 月 20 日より稼働させているとのこと。
また、クレジットカード決済サービスの再開についてはまだ見通しは立っておらず、それまではコンビニエンスストアなどでの決済を勧めている。

なお、「チケットぴあ」や関連サイトと当該サイトは完全に切り離されており、今回の影響はないという。

<参考>
ぴあ社がプラットフォームを提供する B.LEAGUE チケットサイト、及びファンクラブ受付サイトへの 不正アクセスによる、個人情報流出に関するお詫びとご報告(PDF)
B.LEAGUEチケットサイト、及びファンクラブ受付サイトへの不正アクセスによる、個人情報流出に関するお詫びとご報告(PDF)
ぴあ謝罪 運営Bリーグサイトで個人情報15万件流出の恐れ/livedoor NEWS
ぴあ、最大3万2000件のクレカ情報流出/ITmediaビジネスONLiNE

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事