Sky社製ビジネスソフトに脆弱性、サイバー攻撃が発生中

この記事は約 1 分で読めます。


画像:SKYSEA Client Viewより

2017年3月8日、ソフトウェア開発・運用を行うSky株式会社は、同社で提供しているビジネス用ソフト「SKYSEA Clirnt View」の脆弱性を公表しました。

その後、3月6日・23日にそれぞれセキュリティ強化を施した最新版をリリースしていますが、導入企業においては脆弱性を悪用したサイバー攻撃が継続して行われていることが、これまでの調査で判明しています。

実際の被害状況として、重要インフラ関連メーカーで開発中の製品情報や社内会議の議事録、社内メールなどが漏洩していることが分かっています。また、特定の企業に対し長期間にわたり攻撃が行われており、組織的な犯罪の可能性も考えられています。

該当ソフトは、現在まで国内1万余りの企業・自治体等に採用されており、今後さらなる情報漏洩が懸念されます。

<参照>
脆弱性(CVE-2016-7836)問題のご連絡SKYSEA Client View アップデートのお願いと最新版リリースのご案内/Sky株式会社
ビジネス用ソフトの欠陥突くサイバー攻撃相次ぐ/NHK NEWS WEB

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ