GMO-PG、最終インシデント調査報告を公表

画像:GMOペイメントゲートウェイ株式会社HPより

2017年3月10日に発生した、都税納付サイトを始めとする各種サイトでの情報流出事件に対し、GMOペイメントゲートウェイ株式会社は2017年4月4日、セキュリティ専門会社によるインシデント調査が完了したとの発表を行いました。

調査報告として、下記3点が確認されています。

  • 「都税クレジットカードお支払サイト」への不正アクセスが確認され、「クレジットカード番号、有効期限、メールアドレス」の情報が不正に取得されたことが判明。
    不正アクセスの対象は、2017年3月10日報告の内容と変わりなし。
  • 「団体信用生命保険特約料クレジットカード支払いサイト」への不正アクセスが確認され、2017年3月10日報告の情報が不正に取得されたことが判明。
    不正アクセスの対象は、2017年3月10日報告の内容と変わりなし。
  • 上記2サイト以外の同社サービスについては、不正アクセスは確認されていない。

引用:2017年4月4日 続報/GMOペイメントゲートウェイ株式会社

また、今回のカード情報漏洩に便乗した詐欺も発生しているようで、2017年3月30日、GMOを騙る業者から連絡を求めるといった内容のSMSがユーザーに届いているのが確認されています。

<関連記事>
都税納付サイトへ不正アクセス、クレカ情報67万件流出の可能性
都税支払いサイト受託運営のGMO-PG、不正アクセスの関する詳細を報告

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?