画像:GMOペイメントゲートウェイ株式会社HPより

2017年3月10日に発生した、都税納付サイト・住宅金融支援機構における不正アクセス発生を受け、決済システムを受託先するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(以下GMO-PG)は、同社HPにて攻撃の経緯や流出の詳細を報告しています。

都税納付サイトへ不正アクセス、クレカ情報67万件流出の可能性/2017年3月10日サイバーセキュリティ.com

報告詳細

都税納付サイト被害状況

  1. クレジットカード情報流出の可能性:676,290件
  2. カード番号・カード有効期限の流出:61,661件
  3. 2に加えメールアドレス:614,629件

住宅金融支援機構被害状況

  1. クレジットカード情報流出の可能性:43,540件
  2. カード番号、有効期限、セキュリティコード、その他個人情報:622件
  3. 2に加えメールアドレス、加入月:27,661件
  4. 2に加えメールアドレス:5,569件
  5. 2に加え加入月:9,688件

今後の対応

GMO-PGではシステム調査を開始するとともに、クレジットカード会社と協力し二次被害防止に努めるとしています。

<参照>
不正アクセスに関するご報告と情報流出のお詫び/GMOペイメントゲートウェイ株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事