画像:日本郵便HPより

2017年3月14日、日本郵便株式会社は同社が運営する「国際郵便マイページサービス」サイトにおいて発生した不正アクセスにより、登録していた顧客情報(メールアドレス)29,116件と、サイト上で作成した送り状1,104件が流出した可能性があるとの発表を行いました。

事件詳細

今回の不正アクセスの原因は、アプリケーションフレームワークであるApache Struts2の脆弱性が原因とのことですが、これは先日発生したGMOペイメント株式会社の不正アクセス事件と同様です。

同社では、不正アクセス及び情報流出の可能性を確認後、2017年3月13日夜間に該当サービスを緊急停止しています。

<参照>
「国際郵便マイページサービス」における不正アクセス及び情報流出の可能性について/日本郵便株式会社

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。