画像:美作市HPより

2017年2月23日、岡山県美作市は、市の公文書記録サーバに対し海外から4,145件の不正アクセスがあったとの発表を行いました。

今回の不正アクセスは、2016年12月26日頃から確認されており、2017年2月には大量のアクセスが意図的に行われたことで、サーバダウンも発生していたようです。

サーバは、セキュリティ対策が施されていたため、情報流出等は起こっていません。

事件詳細

同市企画情報課の発表では、アクセスがあった国としてアジア圏を挙げていますが、痕跡を隠すために全く関係の無い国を経由しているケースも十分考えられるとのことです。

また、現時点では美作市が狙われた理由は判っていませんが、2017年初めから日本国内では公的機関・施設への不正アクセスやサイト改ざんが頻発しており、世界的に見て日本が標的となっていることは明らかです。

規模の小さい自治体や組織であっても、一定レベルのセキュリティ対策が求められています。

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。