画像:三重県総合文化センターHPより

2017年2月12日、三重県総合文化センターは、2月9日に同センターを管理する三重県文化振興事業団のサーバが不正アクセスを受けたことにより、同センターがサイト上で提供しているサービスの一部を停止しているとの発表を行いました。

※現在サービスは全て復旧しています。

事件の経緯

2017年2月9日 三重県文化振興事業団のサーバが外部からの不正アクセスを受け、コンピューターウイルスに感染
2017年2月13日 外部メールサーバの安全確認中、攻撃の形跡を確認したため、インターネットメールの使用を停止し、確認作業を実施
2017年2月19日 三重県総合文化センター内の全てのサーバについて安全確認が完了し、全面復旧

今回の不正アクセスによる情報の漏洩等はないそうです。

<参照>

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?