画像:楽天市場より

2017年2月10日、楽天市場は公式HPにおいて、同社サービスを騙るメールが出回っているとの注意喚起を行いました。

メールの差出は「~@shop.rakuten.co.jp」等、楽天に出店している店舗を装うアドレスから送付され、「商品券プレゼント」などの件名で偽サイトURLへのアクセスを促しているとのことです。

被害詳細

確認されている詐欺メールには、本文中に楽天ではないURLが記載されているケースや、身に覚えのない取引に関してのメール等もあるとのことです。

また、本文中に記載されるURLには「rakuten」と含まれており、そこから移動する偽サイトに関しては、画像等が本物に近い状態で作られていることがわかっています。

同社では、楽天市場アプリの利用や、公式サイトのURLをブックマークしておくことをユーザーに勧めています。

<参照>
楽天を偽装したサイト・メール等にご注意ください(2017年2月10日 更新)/楽天市場

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?