米ヤフー|新たに10億人分のアカウント情報流出を公表

この記事は約 1 分で読めます。


2016年12月14日インターネットサービス大手の米ヤフー(Yahoo)は、2013年8月に10億人分のアカウント情報が流出していたことを公表しました。今回公表した情報流出に関しては、2016年9月に発表した5億人分の情報流出とは異なるユーザーの情報とのことです。

ヤフーでは、前回同様ロシアからの支援を受け攻撃を行う集団の関与を疑っており、関連当局の捜査が行われています。

流出した情報は

流出したとされるユーザー情報は下記です。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 暗号化された状態のパスワード
  • 本人確認の質問、回答

クレジットカードや口座情報は含まれていないそうです。

ヤフーでの対応は

米ヤフーでは、情報流出に該当するユーザーに対し通知を行いパスワード変更を促しています。

関連事項

米ヤフー|2014年のサイバー攻撃でユーザー情報5億人分が流出したと発表
ヤフージャパンID情報漏洩事件から考える<ユーザーが講じるべき自衛策とは>

こちらのページもご覧ください。

メルマガ会員登録(無料PDFプレゼント)

メルマガ会員登録をしていただくと下記PDFもプレゼント!
0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック

企業における情報漏洩対策として重要な、セキュリティ対策のための知識として基本的な「まずは知っておくべき内容!」をピックアップし、約40ページのPDFに整理いたしました!

その具体的な内容は、


img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラから