2016年12月14日インターネットサービス大手の米ヤフー(Yahoo)は、2013年8月に10億人分のアカウント情報が流出していたことを公表しました。今回公表した情報流出に関しては、2016年9月に発表した5億人分の情報流出とは異なるユーザーの情報とのことです。

ヤフーでは、前回同様ロシアからの支援を受け攻撃を行う集団の関与を疑っており、関連当局の捜査が行われています。

流出した情報は

流出したとされるユーザー情報は下記です。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 暗号化された状態のパスワード
  • 本人確認の質問、回答

クレジットカードや口座情報は含まれていないそうです。

ヤフーでの対応は

米ヤフーでは、情報流出に該当するユーザーに対し通知を行いパスワード変更を促しています。

関連事項

米ヤフー|2014年のサイバー攻撃でユーザー情報5億人分が流出したと発表
ヤフージャパンID情報漏洩事件から考える<ユーザーが講じるべき自衛策とは>

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事