サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

12万件ID不正取得の疑いで高校生を書類送検-ハッカーになりたかった



ニュースの概要

宮城県警は2016年9月30日、不正アクセス禁止法違反などの疑いで、千葉県成田市の16歳と15歳(高校1年)の少年2人を書類送検した。

昨年5~11月、企業のサーバへのハッキング攻撃で入手した他人のIDとパスワードを使って、インターネット通販のサイトに不正にアクセスしたり、メールアドレスなどを変更したりした疑いで送検。

県警によると、少年らは同じ中学の友人同士で「将来、ハッカーになりたかった」と供述。外部から不正な命令を入力してデータベースを操作する「SQLインジェクション」という手口を使用し、約12万件のIDとパスワードを不正に入手して、楽天市場などでスマートフォンやゲームソフトなど9点(約27万円相当)を手に入れたという。

昨年8月、仙台市青葉区の女性会社員(29)から、利用していた通販サイトでメールアドレスやパスワードが変更されており、身に覚えのない買い物履歴があることに気づき、警察に相談したことで発覚した。

考察

パソコンだけでなく、タブレット端末やスマートフォンなどの普及でインターネットの利用が身近で便利になるのは良いことだろう。しかし、低年齢化もする中で遊び感覚の安易な考えのまま技術だけが身についてしまう事で、こういった事件に繋がってしまうのは非常に残念なことだ。

 

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。