露ハッカーの攻撃続くWADA-柔道、松本薫の情報も

ニュースの概要

ロシアのハッカー集団が、世界反ドーピング機関(WADA)のデーターベースに不正アクセスし、選手のドーピング検査結果や医学情報等を窃取し漏えいさせた問題で、2016年9月23日、新たに13カ国、41選手のデーターがインターネット上に公開されたと発表した。

漏えいした情報の中には、リオデジャネイロオリンピックに日本代表として出場し、柔道女子57キロ級で銅メダルを獲得した松本薫選手の名前も含まれていた。日本選手の情報が明らかになったのは初めてのこと。

2012年ロンドンオリンピックでは金メダルを獲得している松本選手は、2007年10月から約1ヶ月間、怪我の炎症を抑えるため、禁止薬物でステロイドの一種・デキサメタゾンの使用を認められていた。

同ハッカー集団がインターネット上に公開している情報は、特例措置を受けて医療目的として薬を使用している選手のもので、ドーピング違反は指摘されていない。

考察

世界反ドーピング機関(WADA)については、前の記事でも紹介したように、前回の情報情報漏えいが相次いでいるため、対策を講じてもらいたいところだ。
> 五輪選手らの情報漏洩-露ハッカー集団による攻撃

関連リンク
WADAによる発表(※英文)

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?