ニュースの概要

2016年9月15日、印刷通販事業を手がける展開するアドプリントは、ECサイトへの不正アクセスにより顧客の個人情報が外部に流出した可能性があると発表した。決済代行会社からクレジットカード情報の流出懸念があると連絡を受け、外部の専門調査会社による調査を実施し判明したという。

流出した可能性があるのは、下記の期間中に対象サイトでクレジットカード決済を利用した顧客情報の一部で計14,627件。カード名義・カード番号・有効期限・セキュリティコード・住所・電話番号・メールアドレスの情報が含まれているという。

・2014年8月25日~2015年9月23日
対象サイト:「adprint」「makumaku」「ad-sign」「adbest」「adcard」「adcup」「designMaker」「fashion4you」「adflag」「刺繍プリント」「2nd.log」「ds1」
・2016年5月20日~2016年8月14日
対象サイト:「adprint」「makumaku」「ad-sign」「adbest」「adcard」「adcup」「adflag」

その後の対応

同社は、15日に該当する顧客への通知を電子メールと郵便で発送する予定とし、身に覚えのないクレジットカードの利用履歴がないかの確認をお願いしている。

関連リンク
アドプリントによる不正アクセスについての報告
情報流出対象者の照会

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?