ニュースの概要

2016年9月15日、印刷通販事業を手がける展開するアドプリントは、ECサイトへの不正アクセスにより顧客の個人情報が外部に流出した可能性があると発表した。決済代行会社からクレジットカード情報の流出懸念があると連絡を受け、外部の専門調査会社による調査を実施し判明したという。

流出した可能性があるのは、下記の期間中に対象サイトでクレジットカード決済を利用した顧客情報の一部で計14,627件。カード名義・カード番号・有効期限・セキュリティコード・住所・電話番号・メールアドレスの情報が含まれているという。

・2014年8月25日~2015年9月23日
対象サイト:「adprint」「makumaku」「ad-sign」「adbest」「adcard」「adcup」「designMaker」「fashion4you」「adflag」「刺繍プリント」「2nd.log」「ds1」
・2016年5月20日~2016年8月14日
対象サイト:「adprint」「makumaku」「ad-sign」「adbest」「adcard」「adcup」「adflag」

その後の対応

同社は、15日に該当する顧客への通知を電子メールと郵便で発送する予定とし、身に覚えのないクレジットカードの利用履歴がないかの確認をお願いしている。

関連リンク
アドプリントによる不正アクセスについての報告
情報流出対象者の照会

 

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。