ニュースの概要

クレジットカードビジネス情報誌「CardWave」の通販サイト「CardWaveOnline」が不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部へ流出していたことがわかった。

同サイトを運営するカード・ウェーブによると、流出した可能性があるのは、2016年1月15日から5月28日にかけて同サイトでクレジットカード情報を登録した顧客の個人情報で、クレジットカード情報(カード名義・番号・有効期限)の他、住所・電話番号・メールアドレス等が含まれるという。

その後の対応

同社では、該当する顧客に対して経緯の報告と謝罪をメールにて送信。不正使用の被害がないか請求内容を確認するよう求めている。

流出の原因は、サイトの脆弱性によるものであったとしており、今後のクレジットカード決済については、システムの安全性を確認し、クレジット会社の合意を得たうえで再開していくという。

関連リンク
不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせとお詫び

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?