ニュースの概要

クレジットカードビジネス情報誌「CardWave」の通販サイト「CardWaveOnline」が不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部へ流出していたことがわかった。

同サイトを運営するカード・ウェーブによると、流出した可能性があるのは、2016年1月15日から5月28日にかけて同サイトでクレジットカード情報を登録した顧客の個人情報で、クレジットカード情報(カード名義・番号・有効期限)の他、住所・電話番号・メールアドレス等が含まれるという。

その後の対応

同社では、該当する顧客に対して経緯の報告と謝罪をメールにて送信。不正使用の被害がないか請求内容を確認するよう求めている。

流出の原因は、サイトの脆弱性によるものであったとしており、今後のクレジットカード決済については、システムの安全性を確認し、クレジット会社の合意を得たうえで再開していくという。

関連リンク
不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせとお詫び

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。