FW(ファイアウォール)ツールの徹底比較

この記事は約 5 分で読めます。


外部からのサイバー攻撃を未然に防いでくれる存在として、ファイアウォールというセキュリティツールがある。
もし、企業の社内ネットワークと外部のインターネットを間で不正アクセスやウィルス攻撃を防御してくれる存在があるとネットワーク担当者は安心出来るだろう。

インターネットを通じたサイバー攻撃は常に進化し続けている為に、機密情報や個人情報の流出を防ぎたいと考えているなら、このファイアウォールを強化する事をオススメする。

FW(ファイアウォール)ツールとは?

ファイアウォールツールとは、企業のネットワークに対してインターネットやネットワーク機器等を侵入経路としたサイバー攻撃を未然に防いでくれる存在だ。

現在では、自社のWebサイトや情報システム等は常にインターネットと接続され続けなければならない状況となっている為に、このようなサイバー攻撃を防ぐ防壁を用意する必要がある。

それでは厳選した5つのファイアウォールツールを詳しく説明していく。

おすすめファイアウォールツール5選

McAfee Next Generation Firewall(株式会社マカフィー)

外部からのサイバー攻撃に対する対策を考慮に入れた時に、まず考えるべきなのが、どれだけの攻撃パターンがあるのかである。

マカフィー社によると、セキュリティ製品による検知を回避する「検知回避技術」としてAET(Advanecd Evasion Technique)が現時点で約8億種類もの攻撃パターンを用意している事が調査から分かっている。

これらのサイバー攻撃からすらも、未然に対応しなければならないのが現状のセキュリティツールの課題である。

ただ、株式会社マカフィーの「McAfee Next Generation Firewall」ではこのような外部からのサイバー攻撃からも安全に自社のWebサイトや情報システムを守る事が可能だ。
最新のファイアウォールの導入を検討しているなら、まず検討すべきセキュリティ企業だろう。

次世代セキュリティプラットフォーム(バロアルトネットワークス株式会社)

サイバー攻撃の手段が進化し続ける現代において、従来のセキュリテ製品では対応しきれない脅威が増え続けている。
このような現状においてファイアウォールツールは単なる技術ではなく、企業を守る上でのあるべき防衛機能となる。

バロアルトネットワークス株式会社の「次世代セキュリティプラットフォーム」では、企業内部に存在しているデータやトラフィック(通信データ)がどこにあるのかを可視化する。
その結果、ネットワークに対してアクセスして良い存在なのかを即座に判断し、かつ身元や利用者を判別する事が可能だ。

このような技術を伴うファイアウォールが存在する事で、従来の脅威から自社のWebサイトや情報システムを強固に防御する事が可能だ。

クラウド型Web Application Firewall(株式会社シマンテック )

企業Webサイトを運用していく中で確立しなければならないのは、継続的に運用する事が出来る安全な環境である。
ある日、潜在顧客がWebサイトにアクセスしたら、なぜかサイトがダウンしていてアクセスする事が出来ないという事態になっていてはどうしようもない。

株式会社シマンテックの「クラウド型Web Application Firewall」では、WebサイトやWebアプリケーションを狙ったサイバー攻撃に対して強固な防御体制を敷いている。

代表的なサイバー攻撃から最新の攻撃パターンにまで素早く対応する事が出来る上に、セキュリティに対する専門知識がなくても簡単に導入可能だ。

中小企業から大手企業まで約500以上のwebサイトで運用されているセキュリティシステムを企業に導入する事は良い選択と言えるだろう。

BIG-IP ASM(F5ネットワークスジャパン合同会社)

Webアプリケーションの脆弱性を狙ったサイバー攻撃の激化に対する防衛策を講じる事は極めて重要な事柄である。
日常的に運用しているWebサイトやコンピュータにすら無数のアプリケーションが存在しており、それら一つ一つの安全性を高める事は容易な事ではない。

F5ネットワークスジャパン合同会社の「BIG-IP  ASM」では、Webアプリケーションファイアウォールを中心に様々な不正なサイバー攻撃から自社のWebサイトを防御してくれる。

特にどんなシステム環境下であっても運用する事が可能な適応性を保有している為に、すぐさま導入する事も可能だ。
より効果的なセキュリティを短時間で実現しつつ、業界最高峰の防御性能を確保したいなら、選択すべき企業である。

Cyberoam(ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

たったの一台の製品で、大抵のサイバー攻撃に対する防御システムを構築する事が可能ならセキュリティ担当者は安心出来るだろう。
特に、ファイアウォールでの不正アクセスを基本としながら、外部からのウィルス攻撃やWebサイトのデータ改ざん等の多くの脅威から自社のWebサイトを強固に防御したいはずだ。

ジェイズ・コミュニケーション株式会社の「Cyberoam」では、SNS(Social NetWorking Service)利用時のセキュリティにも万全の防御体制を敷いている。

もしもすぐに自社のセキュリティを強固にしつつ、簡単に導入する事が出来るファイヤーウォールを検討しているならお勧めしたい企業だ。

まとめ

サイバー攻撃における一番の課題は、常にその攻撃が進化し続けている点と、それらの攻撃を守り抜く防御体制を敷く事の難しさとなる。

ただ、企業として機密情報や個人情報を守り抜く事は当たり前の事だが、それらに対するセキュリティコストがかかってしまっては意味がない。
だからこそ、コストとセキュリティ面から最善の選択をする事をお勧めする。

こちらのページもご覧ください。

メルマガ会員登録(無料PDFプレゼント)

メルマガ会員登録をしていただくと下記PDFもプレゼント!
0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック

企業における情報漏洩対策として重要な、セキュリティ対策のための知識として基本的な「まずは知っておくべき内容!」をピックアップし、約40ページのPDFに整理いたしました!

その具体的な内容は、


img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラから