ランサムウェアに感染し顧客情報など暗号化、株式会社タカミヤ|サイバーセキュリティ.com

ランサムウェアに感染し顧客情報など暗号化、株式会社タカミヤ



画像:株式会社タカミヤより引用

工事仮設機材や住宅機材などを手がける株式会社タカミヤは2023年1月23日、同社グループが運用するサーバーがランサムウェアに感染し、情報流出の可能性があると明らかにしました。

説明によると、感染源となったのは同社ベトナム拠点で、攻撃者はグループの社内サーバーに侵入しランサムウェア「LockBit」を実行していたとのこと。2022年12月15日になり、業務システムへのアクセス障害が発生したため調査したところ、顧客や従業員の情報を記録した社内サーバーにおいてデータ暗号化被害が確認されました。

同社グループは2023年1月7日、攻撃者を名乗る人物から電子メールを受け取ったことを明かしています。メールによると、攻撃者はリークサイトに同社の名称を記載しており、同社も記載を確認したとのこと。ランサムウェアは金銭を要求することで知られていますが、同社は自力復旧を目指すとしています。

同社は現在、対策委員会を設置し、外部専門機関や警察との連携し被害拡大防止措置を講じています。流出が懸念される情報の項目・件数、侵入経路、被害範囲の特定を追求するとともに、専門家の助言によるセキュリティ対策を実行するとのこと。

なお、同社は今後、より詳しい状況が判明次第、速やかに報告するとしています。

参照当社サーバーに対する不正アクセスに関するお知らせ/株式会社タカミヤ




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。