朝日新聞で誤送信、メールアドレス56件が流出|サイバーセキュリティ.com

朝日新聞で誤送信、メールアドレス56件が流出



画像:朝日新聞社より引用

大手新聞社の朝日新聞社は2022年12月2日、同社事務局がオンデマンド配信番組の案内メールを誤送信したと明らかにしました。

同社によると、誤送信したのは2022年11月28日に発信されたもので、医学部進学相談室「医師を目指す君たちへ」の配信案内メールです。原因は担当者による送信形式の指定ミスによるもので、メールアドレス56先に外部一斉送信する際、本来「BCC」とすべきところを「CC」欄にアドレスを入力し送信しました。

同社はこのため、送信先となった56先に対して誤送信を謝罪し該当メールの削除を依頼しています。また、今後は申込完了と同時に配信される自動送信メールにオンデマンド視聴URLを入れるよう設定するなどの対策を盛り込み、再発を防止するとしています。

参照メール誤送信・メールアドレス漏洩のお詫び




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。