サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

シークス株式会社、海外子会社がランサム感染で暗号化被害



画像:シークス株式会社より引用

シークス株式会社は2021年11月29日、インドネシアにある同社の製造子会社PT. SIIX EMS INDONESIAのサーバーおよび端末がランサムウェアに感染したと明らかにしました。

発表によると、感染したシステムには同社が保有する顧客の製品情報などが含まれており、これらが何者かの手により暗号化される被害が生じているとのこと。

同社は被害を受けた端末やサーバーをネットワークから遮断するなどの措置を講じましたが、情報流出の可能性は否定できず、セキュリティ外部機関と対策チームを設置し対応を進めるとしています。

情報流出の事実は確認されず

シークス株式会社によると同社は現在、セキュリティ機関と連携し、感染経路の特定や影響を受けた範囲について調査を進めています。

ランサムウェア感染は多くの場合で情報流出被害を引き起こしますが、記事発表時点で情報が外部に流出したと見られる動きはないとのこと。同社は今後も調査を継続し、詳細が判明次第、関係者に公表するとしています。

参照当社インドネシア子会社におけるランサムウェアによる不正アクセスについて/シークス株式会社


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。