サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

東大管理のサーバーにサイバー攻撃、HPCI-IDやPASSなど400件流出か



画像:東京大学より引用

東京大学は2021年10月15日、国内の大学や研究機関のスパコンシステムやストレージを高速ネットワークで結ぶHPCIシステムの利用アカウントを発行する同大学のHPCIプライマリセンターのユーザー管理用サーバー(仮説)が何者かのサイバー攻撃を受けたと明らかにしました。

東京大学によると、攻撃者は2021年9月15日~2021年10月5日にかけて、同サーバーの管理者権限で不正にアクセスを行い、情報を盗み出した可能性があるとのこと。対象情報にはHPCIプライマリセンターとして同大学を指定していたユーザーのHPCI-IDおよびパスワード約400件や被害サーバーの管理用パスワード3件などが含まれており、これらの情報について外部流出の可能性が生じています。

東京大学は現在、被害機器をネットワーク上から隔離する緊急措置を講じた上で、情報流出や学内外の危機への影響の有無を調査をしています。不正アクセスを受けるに至った原因は明らかになっていません。

個人情報の流出は否定

外部からの不正アクセスは、しばしば個人情報の流出を引き起こします。

しかし東京大学は記事発表時点で個人情報の流出は否定しています。同大学によると被害サーバーには個人情報を格納していないため、流出はないとのこと。また、記事発表時点で二次被害も確認されていないとしています。

東京大学は応急的な対応として、セキュリティが確保されたサーバー環境に切り替えてシステムを運用しています。また、パスワード流出被害が懸念されるユーザーに向けて、パスワードの変更措置等の依頼をしています。

参照東京大学管理のHPCI機材への不正アクセスについて/東京大学







書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。