サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

三重県、確認不足原因でコロナ感染者の情報を誤掲載



画像:三重県より引用

三重県は2021年5月30日、新型コロナウイルス感染症に感染した一部県民の情報を、誤ってホームページに掲載したと明らかにしました。

発表によると、三重県では新型コロナウイルスの感染状況を伝えるため、感染者の個人情報を伏せた形で県ホームページに公開しています。ところが2021年5月29日、感染情報をまとめる部署からホームページ担当部署に感染情報を伝える際、本来公開すべきでない、感染者や同居家族の情報が記載された内部向けの資料を送信するミスが発生。

県のホームページ担当部署もこれに気付かずホームページに掲載したため、感染者の情報流出が発生。県はミスが判明した後、記者会見で謝罪しました。

チェック不足による流出か

三重県で発生した今回の流出事案は、各部署のチェック不足により起きたものです。

原因となった内部資料は県の感染症情報プロジェクトチームから広報のホームページ担当者に、電子メール形式で送信されていた事実がわかっています。しかし、プロジェクトチームは送信前にファイルの内容を確認することができますし、ホームページ担当部署においても掲載前の内容確認が可能です。

今回の流出はそのいずれも行われずに発生したものであり、県は今後、ホームページ公開にあたっての確認作業を徹底すると説明しました。

新型コロナウイルス感染症の感染者情報の誤掲載について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。