サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

葛飾区のメールアドレスが不正アクセス被害、海外に827件の不審メール

  • LINEで送る


画像:葛飾区より引用

東京都葛飾区は2021年3月11日、同区が保有するメールアドレスが何者かの不正アクセスを受けたことにより、合計827件に及ぶ不審なメールを発信していたと明らかにしました。

情報によると、攻撃を受けたメールアドレスは区が保有しているものの、長期間使用していなかったアドレス(hukushibu@city.katsushika.tokyo.jp)です。攻撃者は何らかの手段で対象アドレスのパスワードを使用し、合計827件の不審なメールを発信していました。

区が調査を進めたところ、不正利用は2020年12月5日~2021年2月17日の期間中に合計16日発生しており、不審メールは主に海外の宛先に送信されていました。しかし、送信内容はメールサーバーに保管されておらず、内容は明らかになっていないとのことです。

メールサービスの移行などを検討

東京都葛飾区は今回の不正アクセスを受け、メールアドレスを管理する事業者にメールアドレスのパスワードを変更するよう指示しました。同区はその後、利用していないメールアドレスの削除を実施しています。

また、同区は現在利用しているメールアドレスについても同様の被害を受ける可能性があることから、メールパスワードを定期的に変更するなど、セキュリティ対策を実施すると決定。さらに、将来的にはよりセキュリティの高いメールサービスへの以降や、メールアドレスを特定の端末からのみ利用できるように設定するなど、対策を検討するとしています。

参照本区保有メールアドレスの第三者による不正利用について





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。