サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

営業職員が顧客のポイント35万円分を不正利用|日本生命保険相互会社

  • LINEで送る


画像:日本生命保険相互会社

日本生命保険相互会社は2021年2月18日、同社が契約者向けに提供している「ずっともっとサービス」におけるポイントサービスについて、所属する従業員が契約者のポイントを不正利用した事実が確認されたと明らかにしました。

同社が公表したところによると、問題の従業員は神奈川県に勤務する30代の男性営業職員で、2018年~2020年にかけて自身の顧客127名のポイント約35万円分を不正にアマゾンギフトコードに交換するなどしていたとのこと。

これを受け、同社は不正利用されたすべてのポイントを補填すると決定。被害者らに向け、謝罪対応を取ったとしています。

コンプライアンスの徹底とシステム面のセキュリティ強化を検討

日本生命保険相互会社は今回の事案を受け、コンプライアンス教育の徹底を再発防止策として掲げています。今回の事案はいわば「内部不正」にあたるため、従業員教育を徹底することで情報流出を防ぐ狙いがあるものと見られます。

また、同社はポイントサービスに関連するシステム上のセキュリティを見直す方策も掲げています。今回の不正利用はオンラインサイトを介して行われたもののため、認証機能を強化するなど、不正利用をシステム面から防ぐ方法を検討するものと見られます。

参照当社に関する一部報道について





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。