サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

西条市の健診予約システムが不正アクセスでサービス一時閉鎖へ

  • LINEで送る


画像:西条市より引用

西条市は2021年2月10日、市が株式会社両備システムズに運営・管理を委託している「総合健診Web予約システム」に対する第三者からの不正アクセスが発生したと明らかにしました。

西条市によると不正アクセスは2021年1月9日と12日の合計2回発生し、システム利用者約最大1,000名の氏名や住所などの個人情報が流出した可能性があるとのこと。

原因はシステムに内在していたセキュリティ上の問題によるもので、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)などから「意図しない情報が外部から参照される可能性がある」とシステム設定の見直しに関する指摘を受けていたとしています。

システム閉鎖を決定

西条市によると、市は委託先の株式会社両備システムズにシステムセキュリティの修正を指示しており、2021年2月1日時点ですべての設定変更を完了したとしています。

しかし、既に発生した不正アクセスにより流出した可能性のある情報を取り戻す術はなく、関係先に謝罪するとともに、システムの一時閉鎖を決定しました。

参照プレスリリース:「総合健診Web予約システム」への不正アクセスに関するご報告





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。