サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

コインチェック流出通貨、不正交換者31名を立件

  • LINEで送る


警視庁はこのほど、仮想通貨関連事業者のコインチェック社から流出した仮想通貨NEM(ネム)を盗品と知りつつ不正交換した人物らについて、2021年1月までに合計31名を立件したと明らかにしました。

問題の事件は2018年1月に起きたもので、コインチェック社の従業員の端末がマルウェアに感染したことにより、ネムを管理する秘密鍵を悪用され、当時の時価で約580億円相当のネムが、不審な通信先に転送されたという事件です。

警視庁は事件発生後も犯人や流出した通貨の行方を追い続け、これまで盗品と知りつつ別の仮想通貨と交換したと見られる北海道在住の男性医師ら合計31名を、組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕および送検。合計約188億円の交換貨幣を挙げたとのことです。

交換者は公訴時効、流出犯を捜査

警視庁によると、組織犯罪処罰法の公訴時効が迫っていることから、盗品と知りつつ別の通貨に交換した、いわゆる「交換者」の捜査は、今後打ち切るとしています。

一方で、コインチェック社から通貨を流出させた犯人については、今後も捜査を継続するとのこと。

ただし、流出通貨の一部は海外の交換所を経由している可能性が高く、また、犯人も追跡が困難な通信方法を用いていることから、全容を解明するには大変な困難が伴うと見られます。

参照仮想通貨「NEM」不正交換容疑で約30人摘発 200億円分/日本経済新聞





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。