サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

サイト脆弱性が原因でクレジットカード情報211件流出か|有限会社ニュー・メンフィス

  • LINEで送る


画像:有限会社ニュー・メンフィス

有限会社ニュー・メンフィスは2020年12月24日、同社が運営するオンラインショップ「MEMPHIS STORE」(以下:同社サイト)が外部からのサイバー攻撃を受けたことにより、過去同社サイトを利用してカード決済したユーザーのクレジットカード情報211件について、流出の可能性が生じていると明らかにしました。

発表によれば2020年7月3日、同社と取引関係にある一部のクレジットカード会社よりカード情報の流出ついて指摘を受けたことにより、不正アクセスの可能性が浮上。

このため、同社が第三者調査機関を通じて調査を実施したところ、2020年9月30日までに、同社サイトにセキュリティ上の脆弱性が内在していると判明。さらに、見つかった脆弱性を第三者に利用され、不正アクセスを受けていた形跡が見つかったとしています。

カード番号やセキュリティコードなどが流出か

有限会社ニュー・メンフィスによると、不正アクセスの影響により2019年6月11日~2020年7月10日の期間中に、同社サイトでカード決済したユーザーについて、流出の可能性が生じています。

流出可能性の生じた情報の内訳は、カード番号にカード名義人名、有効期限のほか、セキュリティコードの合計4種。被害件数は211件にのぼり、被害者には電子メールまたは書状にて、個別対応を進めるとしています。

なお、同社は今後同社サイトのセキュリティ改修を計画。再開日は決定次第、公式ウェブサイト上で公表するとしています。

参照弊社が運営する「MEMPHIS STORE」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。