サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

長崎市原爆関連コンテンツが謎の英文やリンクで改ざんされる



画像:長崎市より引用

長崎市は2020年12月8日までに、同市が運営する原子力関連ホームページ「平和・原爆総合ページ」のコンテンツページである「長崎原爆の記憶」の一部が不正アクセスにより、何者かに改ざんされていたと明らかにしました。

発表によると2020年12月3日の17時ごろに、問題のページの一部で不審な英文とリンクが追加される事象が発生。このため、職員が該当ページを含め、「平和・原爆総合ページ」の閉鎖を進めていました。

なお、長崎市は今回の発表で、「平和・原爆総合ページ」のうち「長崎原爆の記憶」以外のページについて、安全が確認できたとしています。これにより、現在は「長崎原爆の記憶」以外のページについて公開を再開しているとのことです。

セキュリティ対策を強化

長崎市は今回の不正アクセスの詳しい原因などを明らかにしていません。

しかし、同市はウェブサーバーへの攻撃を防ぐWAFの導入を決定したほか、「平和・原爆総合ページ」に使用するセキュリティソフトウェアが最新のものであること、マルウェア対策としての常時監視体制から以上の報告がないことなど、「長崎原爆の記憶」以外のコンテンツについて異常がないことを確認したと説明。

被害を受けた「長崎原爆の記憶」についても、引き続きメンテナンスを進める考えを明らかにしました。

参照一時閉鎖していた「長崎市平和・原爆総合ページ」について公開を再開しました(一部を除く)


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。