サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

警察庁の端末が46回の不正アクセス被害、2019年8月から継続被害か

  • LINEで送る


警察庁は2020年11月27日、同庁が業務に利用する端末1台が2019年8月~2020年11月上旬にかけて合計46回の不正アクセスを受けていたと明らかにしました。

発表によると、同庁では被害端末を物品購入などの発注用端末として使用しており、他のネットワークや通信機器との接続はないとのこと。

同庁では業者とのやりとりをVPNを通じて行っていましたが、不正アクセスを仕掛けた人物は何らかの手段でこのVPNを入手し、不正に情報を閲覧しようとしていた可能性があるとしています。

警視庁から指摘受け発覚

警察庁は不正アクセスを受けたタイミングについて「端末に情報を保管していない時期」との認識を示しています。また、記事発表時点で情報流出などの被害も確認されていないとのこと。

なお、発覚の経緯は警視庁からの情報によるもので2020年11月25日、同庁から指摘を受け調査を進めたところ、判明したとしています。警察庁は今後、対策を強化するとしています。

参照警察庁の端末1台に外部から不正アクセス46回 情報流出は確認されず





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。