メール誤送信で、顧客アドレス108件流出か│株式会社シロ|サイバーセキュリティ.com

メール誤送信で、顧客アドレス108件流出か│株式会社シロ



画像:株式会社シロより引用

株式会社シロは2020年11月26日、同社が運営するオンラインショップ「SHIROオンラインショップ」にて扱う一部商品に関するメールを誤送信し、顧客のメールアドレス108件が外部流出したと明らかにしました。

発表によれば、同社は2020年11月26日の10時ごろ、同社の顧客に向けて、ある商品に関して入荷を通知するメールを外部一斉メール形式で送信しました。ところが、送信作業中に人為的なミスが発生し、送信先でお互いのアドレスが表示される形式でメールを送信したとのこと。

このため、同社は被害顧客らに謝罪するとともに、該当メールの削除を要請。また、個人情報保護委員会に事象を報告する予定としています。

ダブルチェックで再発防止へ

株式会社シロは今回の誤送信を受け、今後顧客情報を含む外部メールを発信する際、複数名による送信のダブルチェックを実施するとしています。ダブルチェック体制による防止は、類似の誤送信が発生した企業の多くが実施している対策です。

また、今後は厳格な情報管理体制を構築し、再発防止につなげるとのことです。

参照入荷お知らせメール送信に際するメールアドレス流出についてのお詫び




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。