サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

中部大学でメール誤送信、講義受講者233名のアドレス流出

  • LINEで送る

画像:中部大学より引用

中部大学は2020年10月21日、自治体が進め同大学が受託する「あいち・なごやエアロスペースコンソーシアム」の航空機産業製造人材育成研修の抗議について、受講者に電子メールを送信した際、誤送信が発生しアドレス223件が流出したと明らかにしました。
発表によると、同大学はこれまで2回の研修講義を実施しており、今回誤送信したメールは1回目の講義受講者を対象に2回目講義の案内を知らせるものでした。ところが、送信業務の担当職員は2回目の案内メールを送信する際、誤って対象者らのアドレスを「BCC」ではなく「宛先」に入力して送信。
これにより、送信先で同報者のアドレスが表示されてしまう事象が発生し、流出に至ったとしています。

ダブルチェック+記録簿で抑制か

中部大学は事案の原因について、担当者の操作上の誤りによる人為的なものと見ています。
対応策としては、全職員にセキュリティ規定に基づき情報保護を徹底するほか、複数の宛先への電子メール送信時はダブルチェックを実施すると発表。また、チェックの確認状況についても、記録を取ることで、流出を抑制するとしています。
なお、同大学は2020年10月19日時点で、被害者らへの謝罪を実施済とのこと。合わせて、流出メールの削除も要請したとしています。

参照メールアドレスの流出について

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。