サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

実現していない「2回目給付金」騙る詐欺メール、JC3が注意喚起

  • LINEで送る

画像:日本サイバー犯罪対策センター

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は2020年10月15日、国民全員に10万円の現金を支給した「特別定額給付金」に関連して、記事発表時点で実現していない「第2回給付」を騙る詐欺サイトが設立されていると注意を発しました。

情報によると、犯人は詐欺サイトを設立したのち、総務省などを騙ったフィッシングメールを送り付けることで、アクセスを集めている状況とのこと。偽サイトに金融機関情報や身分に関する情報入力画面が設置することで誤入力を促し、情報を盗み取っているものと見られています。

このため、JC3は詐欺メールに反応しないよう注意を発表。定額給付金の2回目についても、実施されていないと呼び掛けています。

「ぴったりサービス」騙るなど巧妙な偽サイト

JC3は今回確認された偽サイトについて、「巧妙な見た目」と評しています。

実際、リンク先サイトのデザインは正規の特別定額給付金の申請ページと似通っているほか、随所に総務省のリンクが貼り付けられるなど細部にわたって再現している様子がうかがえます。

また、実際の個人情報入力ページにおいても、マイナンバー関連サイトの「ぴったりサービス」を騙るなど、まさしく巧妙な作りをしています。注意が必要と言えるでしょう。

参照~総務省を騙った特別定額給付金に関するフィッシング~

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。