サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

スマートウォッチのガーミンが不正アクセス被害でシステム障害

  • LINEで送る

画像:ガーミン
スマートウォッチ開発などを手掛ける米国企業のガーミンは2020年7月28日までに、外部からのサイバー攻撃が発生し、同社が提供する複数のサービスがシステムダウンしたと明らかにしました。
同社によると2020年7月23日、サイバー攻撃を仕掛けた犯人が同社が保有する複数システムに侵入し、データを暗号化することで障害を発生させたとのこと。
攻撃の影響は同社が提供するスマートウォッチ向けのアプリケーションやカスタマーサポート、社内でのコミュニケーションシステムなど多岐に及び、同社が復旧を進めているものの、記事発表時点で一部サービスが停止中との見解を示しています。

情報流出は確認されず、数日後に復旧か

近年のサイバー攻撃の多くは、個人情報や企業機密の奪取など、情報資産を目的に行われるケースが増えています。スマートウォッチはユーザーの行動を逐一チェックするツールのため、万一情報が流出した場合の被害は甚大です。
しかし幸いなことに、ガーミン社は情報流出について、「アクティビティ、決済、そのほか個人情報を含むいかなるお客様のデータに対して、外部からのアクセス、消失、盗難が起きた形跡は確認されておりません」と被害発生を否定しています。
また、現在はシステムの復旧に向けて作業を進めており、数日中にも通常のオペレーションに復帰するとの認識を示しました。
参照ガーミン

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。