サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

不正アクセス受けメールアカウント踏み台に、米国機関等へ大量の迷惑メール送信



画像:エコ・プロジェクト協同組合より引用
エコ・プロジェクト協同組合は2020年7月22日、組合が保有する業務用メールアカウント7件が外部の第三者による不正アクセスを受け、組合のアカウントを踏み台にした大量の迷惑メールを発信していた事実を明らかにしました。
組合によると、アカウント乗っ取りは2020年7月17日~2020年7月18日にかけて発生したもの。攻撃者はアカウントを奪取した後、.com、.net、.gov、.edu等を持つアメリカ合衆国の機関に対して迷惑・詐欺メールを発信したとしています。なお、記事発表時点で攻撃の原因は明らかされていません。

情報流出などは確認されず

メールアカウントへの不正アクセスは通常、アカウント内の登録メールアドレスや本文メールの記載内容などの情報流出が懸念されます。
しかし協同組合は、「攻撃者による情報の持ち出しや個人情報等の流出の痕跡は確認されませんでした」との認識を表明。情報流出を実質的に否定しています。
一方で、再度の不正アクセスを防ぐため、パスワードの変更など不正アクセス対策を実施。情報セキュリティの強化を発表しています。
参照不正アクセスによる迷惑メール大量送信に対するお詫びとお知らせ/エコ・プロジェクト協同組合


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。