サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

NTTコミュニケーションズ不正アクセス事案、海上保安庁データも流出か

  • LINEで送る

海上保安庁は2020年7月2日、NTTコミュニケーションズで発生した不正アクセスによる情報流出問題で、これまで調査中とされてきた同庁が保有する通信回線機器の工事情報について、流出が明らかになったと発表しました。
同庁によると2020年6月26日、NTTコミュケーションズから該当事案に関する連絡を受けて発覚。機密性の高い情報の流出は確認されていないが、NTT側が引き続き調査を進める方針とのことです。

海外拠点サーバーから侵入される

NTTコミュニケーションズは2020年5月28日、同社サーバーに関する不正アクセスが確認されたとして、公式ウェブサイトで情報流出の可能性を発表しています。
これまでの調査により、攻撃の手は海外サーバーを通じて法人向け工事情報を管理するサーバーなどに及んだと見られ、政府や企業など621団体に影響が及んだ可能性が指摘されていました。
参照海保の通信工事情報なども流出か、NTTコムへの不正アクセスで/日経クロステック
参照海上保安庁の通信機器でも流出 NTTコム、サイバー攻撃/高知新聞

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。