サイバー攻撃で関係者ら1万2514件の情報流出|日本経済新聞社

画像:日本経済新聞社より

日本経済新聞は2020年5月12日、同社のグループの従業員が所有するPC端末1台がマルウェアに感染したことにより、日経および一部グループ企業・団体に所属する従業員情報1万2514件について、流出したと明らかにしました。

同社によれば2020年5月8日に送り付けられた、1通のフィッシングメールから感染が拡大。日経の社内端末にはウイルス検知システムなどセキュリティ対策が施されていましたが、感染したマルウェアは新型のものと見られ、セキュリティ対策をすり抜け情報流出を起こしたとのことです。

なお、同社は感染後に異常な通信が発生したため、システムがこれを検知し、流出が発覚したとしています。

二次被害は確認されず、今後発生の可能性も

日経が明らかにしたところによると、流出した1万2514件の情報はいずれも社内・グループ関係者や業務委託先の情報です。読者や顧客情報の流出はないとのこと。

また、流出項目の内訳は氏名や所属、メールアドレスなどで、取材で知りえ情報は流出していないとの認識。同社の新聞や電子版製作のシステムにも影響はないとしています。

ただし、同社は今後、社内やグループ関係者などを装うなりすましメールの発生を予測しています。記事発表時点では被害は生じていませんが、発生した場合はカスタマーセンターへの連絡を求めています。

参照日経にサイバー攻撃 社員ら1万2514人分の個人情報流出/日本経済新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?