生徒情報約100件含むHDDを紛失、発見に至らず|浦和商業高等学校

画像:個人情報を含む外付けハードディスクドライブの紛失について/埼玉県より

埼玉県は2020年3月30日、同県内に位置する県立浦和商業高等学校にて約100名分の学生名簿や顔を識別できる300枚程度の行事写真を記録したハードディスクを紛失したと明らかにしました。

学校の説明によると、ハードディスクは同校生徒会室にて保管されていたが、2020年3月23日までの間に所在不明になっていたとのこと。学校側は紛失発覚後に生徒らに聞き取り調査を実施したほか、生徒会室を捜索するなどしましたが、記事発表時点で発見に至っていないとしています。

再発防止に向け対応か

浦和商業高等学校はインシデント発覚後、警察当局へ通報したほか、同校の校長が保護者らに紛失の経緯および情報流出の可能性について説明する文章を発送しました。

埼玉県はこれに伴い、全県立学校に向け個人情報や物品の管理を徹底するよう求める方針を示しています。

参照個人情報を含む外付けハードディスクドライブの紛失について/埼玉県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?