ふるさと納税者のマイナンバーを関係の無い自治体に誤送信|輪島市

画像:個人番号の誤送信について/輪島市より

輪島市は2020年3月27日、市が利用する行政機関専用ネットワークを利用した地方税ポータルシステムを利用した際、担当者がふるさと納税者375名の個人番号を、業務と関係のない合計218の自治体に誤送信する事案が発生したと明らかにしました。

輪島市によれば、誤送信は確定申告をせずに寄付金控除を受けられる「ワンストップ特例」の事務過程にて起きたもの。

誤送信を起こした担当者は2020年1月31日に対象の市町に納税情報を送付していましたが、2020年2月10日になり対象者2名の個人情報に誤りが確認されたため送信データをチェックしたところ、合計375名の個人番号について誤送信していた事実が判明しました。

外部流出はなし、特定も不可

輪島市によれば、今回のインシデントは行政専用ネットワークで発生したものであり、外部への流出は存在しないとの立場を取っています。

また、自治体に誤送信した個人番号も、寄付者を特定することができない形式と説明。今後は再発防止に向け、複数によるチェック体制などセキュリティ対策を徹底する方針を示しました。

参照個人番号の誤送信について/輪島市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?