熊本市がメール294件を誤送信、確認作業中の操作ミスで再び流出

画像:【報道資料】記念樹希望者へのメールアドレスの誤送信について/熊本市より

熊本市は2020年3月5日、市が緑化推進の目的から実施している市民向け事業のメールを誤送信し、配信希望者のメールアドレス294件が流出したうえに、インシデント確認作業中に操作ミスを起こし、複数回の情報流出が発生したと明らかにしました。

熊本市によると、市では新たに結婚や新築などをした世帯に記念樹木を配布しているが、職員が2020年2月25日に配布を事前確認する内容のメールを送付する際、外部一斉メールであるにも関わらず、同報者間のアドレスが表示される「CC」形式に入力し誤送信。メールは約18分後に、市民からのクレームにより発覚しましたが、市が調査を進める過程で操作ミスが発生し、「CC」形式でメールを誤送信(294件)。これにより、再び流出が発生したと説明しています。

ダブルチェックを導入し抑止図る

熊本市は一連の誤送信の原因を、「メール送信を担当者が一人で行い、複数人での確認を怠ったため」と分析しています。今後は再発防止のために、外部一斉メールを送付する際は、複数名でチェックし、誤送信の抑止を進める考えを明らかにしました。

なお、市はインシデントへの対応として、受信者らにメールの削除を要請。合わせて謝罪を表明しています。

参照【報道資料】記念樹希望者へのメールアドレスの誤送信について/熊本市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?