サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

象印から流出の会員情報宛てに新型肺炎便乗の詐欺メール、二次被害の可能性

  • LINEで送る

画像:【重要】偽装メールにご注意ください/象印マホービン株式会社より

象印マホービン株式会社は2020年3月4日、同社オンラインショップにて発生した不正アクセスに伴う個人情報の流出事案について、被害を受けた顧客から「象印の記載はないが、他社通販サイトを装った同様の偽装メールが届いた」と通報があったことを明らかにしました。

インシデントは2019年12月5日、グループ会社の象印ユーサービス株式会社が運営する「象印でショッピング」に外部アクセスが発生したというもの。同社を通じた第三者調査機関の分析によると、原因はサイトに内在していたシステムの脆弱性で、会員情報(氏名や住所、メールアドレスなど)が攻撃者の手に渡った可能性が指摘されていました。

今回の被害を自社から流出した情報が原因と断定はしていませんが、不審メールの発生に注意喚起。被害者らに謝罪するとともに、警戒を呼び掛けています。

マスク入荷情報メールを偽装、転送先は詐欺サイト

象印社が明らかにしたところによると、偽装メールはショッピングサイトを装った「サージカルマスクの入荷情報」を伝えるメールです。

本文中には新型コロナウイルスの流行などが記載するなど危機感をあおる内容や、メールの件名には実在する顧客氏名が入力するなど、信ぴょう性を高める工作が確認。文末にはショッピングサイトへのURLリンクが添付されていますが、こちらは巧妙な偽装サイトで、情報を摂取する目的があると見られています。

参照【重要】偽装メールにご注意ください/象印マホービン株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。