共同利用のUSB紛失で、学内外関係者97件の氏名流出か│新潟県立看護大学

画像:個人情報が記録されたUSBメモリの紛失のお知らせとお詫び/公立大学法人新潟県立看護大学より

公立大学法人新潟県立看護大学は2020年2月13日、同大学の学生や学外指導者など学内外関係者合計97名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失したと発表しました。

大学によると、紛失したUSBメモリは学内の2つの共同研究室・合計3名の教員が使用しており、学内のキャビネットにて保管されていました。ところが2020年2月6日に、教員1名がUSBメモリを使おうとしたところ、紛失が判明。事態を把握した大学側は捜索を進めましたが、記事発表時点で発見に至っていない状況です。

再発防止に向け、管理体制の強化を検討

大学側はインシデントを受け、今後は学内において個人情報の管理徹底を周知するとともに、USBメモリの適正な管理について検討を進めるとしています。

USBメモリの保管方法としては、鍵付きの保管場所の導入や、使用履歴のチェックシートなどが考えられます。

対象者 件数 内訳
同大学に所属する学生 92件 氏名および学籍番号
学外指導者 5件 氏名

参照個人情報が記録されたUSBメモリの紛失のお知らせとお詫び/公立大学法人新潟県立看護大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?