リスト型攻撃の支援ツールを分析、攻撃手順公開|日本サイバー犯罪対策センター

画像:リスト型攻撃の手口/JC3より

日本サイバー犯罪対策センター(以下:JC3)は2020年1月16日、リスト型攻撃ツールの分析を実施し、実際の攻撃の手順を明らかにしました。

JC3が入手したツールは中国・ロシア圏で用いられているツールです。ツールには被害者のメールボックス内から攻撃者が指定したキーワードをサルベージする機能や、ターゲットのサービスごとにID・パスワードのリストを作成する機能が搭載など、リスト型攻撃を支援する機能が搭載されていました。

メールボックスから対象サービスを割り出し

JC3は攻撃者がツールを利用して、リスト型攻撃の手を広げていたと述べています。具体的には、攻撃者が被害者のメールアカウントを乗っ取り、ツールを使用してメールアカウント内を検索し、被害者が利用するサービスの特定に役立つキーワード(Yahoo!やGoogleなど)を含むメールを抽出。被害者が利用するサービスを割り出して、リスト作成したパスワードを入力していたとしています。

なお、攻撃者の最終目標は金銭的な利益であるケースが多く、最終的には金銭的被害が生じる可能性が高いと説明しています。

参照リスト型攻撃の手口/JC3

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?