サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

不正アクセスによりカード情報133件・顧客情報約2万件が流出か|株式会社現代ギター社

  • LINEで送る

画像:弊社が運営する「GGインターネットショップ」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社現代ギター社より

株式会社現代ギター社は2020年1月7日、同社が運営するオンラインショップ「GGインターネットショップ」が何者かのサイバー攻撃を受け、顧客クレジットカード情報133件および顧客個人情報1万9,328件について、情報流出・不正利用の可能性があると明らかにしました。

同社によると2019年10月23日、同社サイトを利用した顧客から不具合についての通知あり、インシデントの可能性が浮上。調査を進めたところ、不正アクセスに伴うサイト改ざんが明らかになりました。

システムに脆弱性、決済フォームが改ざんされる

同社が依頼した第三者調査機関によると、「GGインターネットショップ」のシステムには脆弱性が内在しており、攻撃者に利用された痕跡が見つかりました。

侵入した攻撃者はペイメントモジュール(クレジットカードの決済画面)を改ざんし、顧客に気付かれないまま情報を盗み取っていた可能性があるとのこと。2019年10月6日~2019年10月24日の間に、同サイトでカード決済したユーザーについて、流出の可能性がある状況です。

また、同社発表では「不正アクセスによりサーバ内のデータを不正取得されました」と明示しており、攻撃者がサーバー内の個人情報に手を出した可能性も判明しています。2008年6月25日~2019年10月24日の期間中に同社サイトに情報を登録あるいは取引したユーザーについて、流出の可能性が生じている状況です。

セキュリティ強化を進めるも、再開日は未定

同社は現在、「GGインターネットショップ」のサービスを停止する措置を取っています。

既に関係当局などへの通知は終えており、今後は被害者らに向けて順次メール案内などを進める方針。サービスについてはセキュリティ強化など再発防止を進める方針を示していますが、記事発表時点で再開日は未定とのこと。今後、改めて発表するとしています。

カード情報 顧客情報
対象者 期間中にカード決済したユーザー 期間中に顧客情報を登録あるいは取引したユーザー
期間 2019年10月6日~2019年10月24日 2008年6月25日~2019年10月24日
流出件数 133件 1万9,328件
内訳 ・カード名義人、カード番号、セキュリティコード、有効期限 ・氏名、性別、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス、ログインパスワード(暗号化)

参照弊社が運営する「GGインターネットショップ」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社現代ギター社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。