サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

イラン、報復措置として米政府組織にサイバー攻撃の可能性



米国土安全保障省は、イランがアメリカ政府や関連組織に対して大規模なサイバー攻撃をしかける可能性があるとして、2020年1月4日に警告を発しました。

アメリカ政府は2020年1月2日にイラン領内を空爆し、コッズ部隊を率いるソレイマニ司令官を殺害しています。空爆による司令官の死を巡って、イラン政府は米国に報復の可能性を示唆している状況です。米国土安全保障省による発表は、こうした経緯を踏まえたもの。各国のセキュリティ専門家らも両国の動向を分析し、ダムや発電所への被害を警告しています。

イランは十分なサイバー攻撃能力を有している

米国政府は現在、イラン側が十分なサイバー攻撃能力を有しており、実際に攻撃が発生する可能性について危機感を募らせています。

米国土安全保障省の長官代理を務めるウルフ氏は公式ウェブサイトにて、「イランは少なくとも、米国の重要インフラへの壊滅的な影響を与える能力を持っている」と言及。イランがサイバー攻撃による報復を実施した際、一時的なものであるにせよ、影響は避けられないとの見方を示しました。

実際、近年は国家間のいさかいによるものと思われるサイバー攻撃が、次々と発生しています。犯人の断定が難しく、また武器を使わず敵対国家に被害を与えることのできるサイバー攻撃は、非対称戦争(戦力の釣り合っていない戦争)においても非常に有用だからです。

イランが「サイバー軍」とも呼ばれる、強力な部隊を有していると見る専門家もいます。新年早々、サイバーセキュリティ業界は大きな事件が起きてしまうかもしれません。

参照トランプ米大統領が警告、イラン報復なら「52カ所」を攻撃/Yahoo!ニュース

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。