都議会議員のメールアカウントが乗っ取られる│東京都議会

画像:都議会におけるメールアカウントの不正使用による迷惑メールの送信について/東京都議会より

東京都議会は2019年12月5日、東京都議の大山とも子議員のメールアカウントが何者かのサイバー攻撃を受け、不正メールを発信していると明らかにしました。

事案は2019年12月5日、議会局のメールを管理する通信会社から「大山議員のメールが不正利用されている」と通知が入ったことにより発覚。議会局が内部調査を進めたところ、不正メールは2019年12月3日~4日にかけて複数回送信されたと確認され、受信者らに注意を呼び掛けている状況です。

訴訟を武器し「非公式」による和解を促す

確認されている不正メールの内容は、訴訟を武器にし和解を求める内容です。

攻撃者は大山議員のメールアカウントを利用して「ウイリアム・ブルジョワ」を自称。本文中にて「あなたが提供した食べ物で妻が食中毒になった。弁護士と協議を進め訴訟の準備をしているが、非公式での和解を望んでいる」といった内容のメールを送信していたことが確認されています。本文中にはWord形式のファイルも添付されています。

記事発表時点で被害事例は確認されていません。また、大山議員の端末もセキュリティチェックを完了し、現在は正常に稼働しているとのことです。

参照都議会におけるメールアカウントの不正使用による迷惑メールの送信について/東京都議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?