社名や社員を騙った迷惑メールを確認、西村製作所が注意喚起

画像:【重要】迷惑メール(なりすましメール)に関するお詫びと注意喚起/西村製作所より

株式会社西村製作所は2019年12月3日、同社の社名や社員を騙った迷惑メールが確認されたとして、注意喚起の発表を行いました。

迷惑メールは同社アカウントを利用したもので、同社は添付されたファイルの開封やURLへのアクセスは控えるようにと説明。迷惑メール送信の原因を明らかにしていませんが、対策内容に下記の記述をしていることから、社内端末が何らかの原因で不正アクセスを受けた可能性などが考えられます。

情報流出が確認されたパソコンは、すべてのネットワークから隔離し二次拡大防止措置はとっております。

メールアカウント狙うサイバー犯罪が急増

昨今、メールアカウントに対する被害事例が相次いでいます。

とくに警戒したいのはオフィスソフトを経由して感染を広げている「エモテット」。最近は国内での事例も相次ぎ、直近では東京首都大学ではエモテット感染被害により職員のメールアカウントが乗っ取られ、およそ1万8千件の情報が流出した事案が起きています。

参照【重要】迷惑メール(なりすましメール)に関するお詫びと注意喚起/西村製作所

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?