トレンドマイクロ従業員が第三者に個人情報流出、英語圏ユーザー約12万人に影響か

画像:海外市場において個人向け製品をご利用いただいているお客さまの情報流出に関するお知らせとお詫び/トレンドマイクロより

トレンドマイクロは2019年11月6日、同社に所属している従業員が業務上知りえた情報を第三者に提供していたと明らかにしました。

同社によるとインシデントは2019年8月、関連するサポート詐欺犯罪を懸念した被害者から相談が寄せられ発覚。同社が社内調査を実施したところ、特定の従業員が同社の英語でのサポート情報を記録したデータベースにアクセスし、持ち出していた痕跡が見つかりました。

被害件数は最大約12万件

トレンドマイクロによると、流出した情報は最大で約12万件です。

同データベースには合計約1,200万件のサポート情報が記録されており、全体の約1%が不正閲覧された可能性があるとのこと。氏名やメールアドレスなどが中心で、クレジットカードや銀行口座などの金融情報は含まれていません。

また、従業員が持ち出した情報はいずれも英語によるサポート情報で、日本語サポートによるものは含まれていないとのことです。

参照海外市場において個人向け製品をご利用いただいているお客さまの情報流出に関するお知らせとお詫び/トレンドマイクロ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?