米Adobe、脆弱性により登録者情報750万件に流出の可能性

画像:Security Update/Adobeより

米国Adobeは2019年10月25日、同社のサービス「Adobe Creative Cloud」の登録者情報が外部に流出した可能性があると明らかにしました。

「Adobe Systems」のプロトタイプ環境に含まれていた脆弱性が原因です。問題を取り挙げた外信メディアによると、期間中は容易に外部アクセスが可能だったとのこと。なお、流出規模は推定約750万人と見られています。

カード情報などは流出せず

Adobeが明らかにしたところによると、同社は既に問題を認識しており、対処を進めています。

流出項目はメールアドレスやメンバーIDなど複数点ありますが、クレジットカードや銀行口座・パスワードなど金銭被害に繋がる項目は含まれていないとのことです。

もっとも、メールアドレスやメンバーIDなどの情報は、リスト型攻撃やフィッシング詐欺などに悪用されるリスクのある情報です。

参照Security Update/Adobe

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?