メールアカウント奪われ迷惑メール543通送信|日本電気計器検定所

画像:メールサーバー不正アクセスのご報告とお詫び/日本電気計器検定所より

日本電気計器検定所は2019年10月18日、同所が所有する電子メールアカウント1件が何者かの不正アクセスを受け、乗っ取られたと明らかにしました。

同所によると、攻撃者はアカウントを利用して合計543通の迷惑メールを送信。さらにアカウントないに記録されていた78社・109名の氏名やメールアドレスなどを閲覧した可能性があるとのこと。同所はメールアカウントのパスワードを変更するなどして対処しましたが、攻撃者が記録されている情報を読み取った可能性は否定できない状況です。

事案の詳しい経緯は?

不正アクセスは2019年10月9日~2019年10月10日にかけて発生しています。日本電気計器検定所によると、当該電子メールアカウントのメールボックスが、盗まれたパスワードによりアクセス可能な状態にあり、悪用された可能性があるとのこと。これにより109名の個人情報に流出の危険性が生じています。

ただし、攻撃者が発信した543通のメールは、すべてフリーメール宛に送付されています。メールボックス内に記録されていた109のアドレスに対する送付はほとんどなく、1件のみが送信対象になっていますが、これもフリーメールアドレスとのこと。同所は今後の対応策として、影響を受けた人物らに注意喚起を促しました。

参照メールサーバー不正アクセスのご報告とお詫び/日本電気計器検定所

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?