貸衣装サイトが改ざん被害、フィッシングサイトへ誘導か|株式会社ハリス

画像:フィッシング詐欺の注意喚起とお詫び/株式会社ハリスより

株式会社ハリスは2019年9月19日、同社が運営するオンラインショップサイト「オリフリ」が何者かのサイバー攻撃を受けていたと明らかにしました。

同社が明かしたところによると、攻撃者はオリフリの商品決済フローの一部を改ざんし、本来の決済画面に似せたフィッシングページを設置。正規のサイトと誤認した顧客から、クレジットカード情報などを盗み取っていた可能性があると発表しています。

期間中に利用したユーザーは流出の可能性

ハリス社が実施した調査によると、攻撃者による改ざん行為は2019年9月7日19時~9月17日12時の期間中に発生しています。

同社は正確な被害件数を明らかにしていませんが、期間中に「お支払方法・お届け時間等の指定」、「ご入力内容のご確認」ページを閲覧したユーザーは、偽サイトに誘導された可能性があるとのこと。同社は対象者に注意を呼び掛けるなどしています。

なお、問題のページは2019年9月18日時点で必要な対策を完了。現在は流出など発生していないとしています。

参照フィッシング詐欺の注意喚起とお詫び/株式会社ハリス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?