異動情報気になり不正アクセス、同僚のID使用した長崎県職員が逮捕される

長崎県警は2019年9月26日、長崎県に課長職として勤務する男性1名を、不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕しました。

情報によると、逮捕されたのは50代の男性職員。男性は2017年1月~2019年2月にかけて、同僚など合計61人分のIDとパスワードを不正利用し、合計324回にわたって人事情報などを不正閲覧した疑いが持たれています。

異動気にしての犯行か

県警の捜査によりますと、男性は容疑を認めています。また動機については「自分の異動が心配だった」などと供述。男性が保有していたUSBメモリーには、業務データなど167万件が記録されていました。

なお、事案は県の内部調査により発覚。1台のパソコンから複数の職員IDでのアクセスが繰り返されており、疑惑が浮上しています。

参照長崎県係長、不正アクセス容疑で書類送検 業務データ167万件をダウンロード/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?